--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-04-08(Wed)

住宅供給公社提携ローン

住宅供給公社提携ローン

底知れない広がりを見せる住宅供給公社に恐れ慄き(おののき)つつも、誘蛾灯に引き寄せられる虫のように木馬(白いマンション)を追い続ける。

こんにちは、マルミーです。
まずはポチっと⇒不動産投資ブログランキング

建設/リフォーム/設計審査/進行管理/建設工事の発注/施工監理/家賃収納/建物の維持管理までこなす姿は、まさに連邦(住宅供給公社)の白い悪魔の如し。

おまけに金融機関まで手の内に入れている懐の広さには驚きを禁じえません。

錦の御旗(にしきのみはた)の臭いがプンプンします。

住宅供給公社提携ローンとは、どんなものなのか?

サー!、連邦(住宅供給公社)に関する調査の報告 その5であります、サー!

調べた範囲ではっきり分かったものに高齢者施設向け提携融資があります。

これは「埼玉りそな」銀行が取り扱っている住宅供給公社提携融資で、商品のコンセプトとしてはグループホームや老人保健施設といった高齢者向けの施設の建設資金を埼玉りそな銀行が融資するものです。

住宅供給公社提携ローンを利用する具体的なメリットとしては、金利面での優遇措置を受けられる点が最も大きいのではないでしょうか。

融資金利は埼玉りそな銀行が提供する一般のローンと比較して0.5%の優遇となっています。

これって、とっても魅力的です。

マルミーも優遇されたい!

加えて法人・個人を問わず融資金額は最大10億円で、融資期間も最長35年と長期のローンを組むことが可能です。

一般と比べてマイナス0.5%の金利で10億円を35年の長期ローンで融資を受けられれば…、
これはキャッシュフローが厚くなりそうです。

勿論、元金均等/元利均等返済や変動/固定金利の選択も可能です。

その他、優遇されている点として住宅供給公社が連帯債務者となるスキームは前回調べて分かった内容と同じです。

住宅供給公社提携ローンの融資スキームを詳しく見ると、金融機関は住宅供給公社を連帯債務者として施設建築主に融資を実行し、返済は物件の入居/家賃収納を管理する住宅供給公社が行うようです。

なんせ公社から返済を受ける金融機関にとっては取りっぱぐれが無い手堅い融資なんでしょうね。

連邦(住宅供給公社)の実態がかなりハッキリしてきました。

では、実際にどんな物件を扱っているのでしょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ランキング
・もしお役に立ちましたら、  ポチっ とお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
マルミーからのメッセージ!
FC2カウンター
最近の記事+総記事数
全タイトルを表示
最新のコメントと記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
サーチボックス
お気に入り
名言集(個人的嗜好)
プロフィール
  • Author:マルミー
  • マルミーへのご連絡は
    gon_akeあっとまーくyahoo.co.jp
    まで。
つぶやき
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。