--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-09(Mon)

家賃滞納情報のデータベース化

家賃滞納情報のデータベース化への動きが本格化してきたようです。


こんにちは、マルミーです。
まずはポチっと⇒人気ブログランキングへ


8月に新聞紙上をにぎわせた家賃滞納者情報のデータベース化。

この記事を初めてみた時のマルミーの率直な感想は、「えっ、データベース化されてないの?」でした。


この手の情報は使い方さえ間違わなければ、集約/整理/共有/検索することで、大きな効果が期待できる種類の情報です。

当然、金融機関ではクレジット情報が共有され、多重債務者への融資を制限したり、債務超過に陥らないような予防効果も発揮しているわけです。


なぜ今まで家賃滞納情報が共有されていなかったのか?こんなのあって当たり前じゃん、って思ったんですが…。

皆さんもご存じの通り、この動きはその後一気にトーンダウンしました。


国土交通省が懸念を示したこと、弁護士や消費者保護を訴えるNPO団体の反対などがあり、急きょ方向転換されたのです。



この時、印象深かったのがM弁護士の言葉。



「貸金業界の信用情報は過剰融資を避ける意味で借り手保護につながる面があるが、賃貸住宅ではもっぱら家主のリスク回避にしかつながらない」



これは公正な立場での意見ではありませんね。


一部地域で行われた家賃滞納者に対する過剰な対応が、この手の意見を増長させたと思われますが、法を生業とする弁護士の口からこのセリフが語られたというのは、ある意味恐ろしくなりました。


社会的弱者を排除するような行動は厳に慎むべきですが、そのリスクを家主側に一方的に押し付け、弱者の仮面をかぶった狡猾なものを野放しにすることは、社会秩序の維持という面から考えても、決して望ましい姿ではありません。

皆さんは、どう思われますか?


この流れを受け、賃貸保証制度協議会による悪質な追い出し行為の規制や、高い金利の遅延損害金請求の禁止、夜間から早朝にかけての入居者宅訪問の禁止、鍵交換や家財処分の禁止など、健全化を図る活動が地道に行われてきました。



そんな中、業界団体の動きとは別に、家賃保証会社9社が家賃滞納などの信用情報をデータベース化して一括管理する事業を始める事が、9月末に報道されました。

この9社が中心となり「全国賃貸保証業協会」を設立し、追随する形でさらに約20社が参加する方向で検討しているようです。

この動き、期待したいですね。



マルミーはこのデータベースは「道具」だと思っています。

使い方次第では、良くも悪くもなるものだと。

家賃滞納を繰り返す悪質な入居者を締め出す仕組みを実現してほしいと思う一方、やむ負えない事情で家賃を滞納したことがある、本当の意味での社会的弱者を保護する政策に、このデータベースを活用していただきたいと切に願っています。



住居を提供された対価として家賃はきっちり支払う。

この原理原則が感情的な報道や発言力のある一部の人の言葉に扇動され、否定されるることが無いよう、曇りなき眼(まなこ)で見定めたい、そう思っています。


No pain No gain

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

かゆいところに手が届きました!素晴らしい記事に乾杯~♪といいつつ、ワインのんでまーす^^

Re: エビちゃん

エビちゃん

> かゆいところに手が届きました!素晴らしい記事に乾杯~♪といいつつ、ワインのんでまーす^^

エビちゃんに褒められちった。
嬉しいなあ~。

毎度のことながら夜更かしですね!
エビちゃんのバイタリティに、乾杯!
ランキング
・もしお役に立ちましたら、  ポチっ とお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
マルミーからのメッセージ!
FC2カウンター
最近の記事+総記事数
全タイトルを表示
最新のコメントと記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
サーチボックス
お気に入り
名言集(個人的嗜好)
プロフィール
  • Author:マルミー
  • マルミーへのご連絡は
    gon_akeあっとまーくyahoo.co.jp
    まで。
つぶやき
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。