--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-06(Mon)

地デジアンテナ 立つ!

梅雨空の雲間から射す日の光に、燦然と輝く銀色の雄姿。

みんな見てくれ!うちの地デジアンテナを!

こんにちは、マルミーです。
まずはポチっと⇒人気ブログランキングへ


思い起こせば2か月前、管理担当T中クンが入居者様から頂いてきた、ありがたくないお土産。

それから始まった地デジ対応策も、ようやくひと段落となりました。



朝の天気予報で工事予定日は「雨」の予想に、「来週に延期かなあ」と半分諦めモードでした。

前日夕方から降り出した雨が夜半にはかなり強くなり、ダメダメモードでふて寝状態でしたが、翌日目覚めてみると雨は上がっており、普段の行いの良さを改めて感じたマルミーでした。



昼にはすっかり日が射し、いよいよ地デジアンテナ工事の開始です。


知り合いの電気屋さんが念のため入居者様の部屋をピンポンしましたが、全員不在のようで予定通りに工事に取り掛かりました。

高いところが全く苦手なマルミーは地面にへばり付いて、高所作業をスイスイこなす電気屋さんを尊敬の眼差しで見上げます。


そう、へばり付くんです。


高いところが平気な人にはこの感覚は分からないでしょうが、マルミーは他人が高い所に登っているのを見るだけで足が竦んでしまうのです。

つり橋を渡るとか、ロープウエイで大はしゃぎするとか、お城の天守閣から身を乗り出して下を眺めるとか、お願いですからやめて下さい。

今、この文書を書いているだけでお尻のあたりがムズムズします。


ああ、そういえば「子供の頃、空を飛ぶ練習をした」方や、「32億円の飛行機で本当に空を飛ぼうとしている」方、夢を実現される時はマルミーを誘わないでください。

マルミーの限界点は、高度50センチですから。



話が逸れてますね。


ドキドキしながら作業を見守っていましたが、30分位であっという間に終わってしまいました。



作業前
antena1

思っていたよりシッカリしていて「まだまだ若いもんには負けんぞ!」と聞こえてきそうです。



作業後
antena2

美しい姿です。

タタミと何とかは新しい方が良い…、失礼!

電子デバイスは最新のものが最も優れている、ですね。

写真は勿論、知り合いの電気屋さんに撮影していただきました。



これで東京タワーから東京スカイツリーに送信局が移るまでの間は一安心です。
スポンサーサイト
2009-07-03(Fri)

ようやく地デジアンテナの設置工事です!

いろいろ準備を進めてきた地デジ工事ですが、いよいよ今週末に実施予定です。


こんにちは、マルミーです。
まずはポチっと⇒人気ブログランキングへ


現入居者様から「地デジが見たい!」とご要望を頂いたのが5月上旬で、早いものであれから2カ月が過ぎようとしています。

入居者様への事前確認と管理会社さん経由での見積り取得、知り合いの電気屋さんとの相見積もり依頼と、いろいろめまぐるしく動き回っていました。

今までの活動に興味のある方は、こちらからどうぞ。


念のため入居者様から同意書を頂くこととし、ようやく全ての工事同意書が回収できたので、電気屋さんに工事の着手をお願いしました。


電気屋さんにお電話した際、以前から疑問に思っていた工事完了の確認方法をお伺いしてみました。

GMアパート、ありがたい事に現在満室稼働中です。

したがってアンテナの設置が終わったとしても、実際に地デジ対応テレビを接続して確認することが出来ません。

知り合いの電気屋さんからは、室内に入って確認したいなどとは依頼されませんでしたし、一体どうやって地デジが視聴できることを確かめるのか気になっていました。


そこでお話を伺ってみると、まずアンテナ設置時に「地上デジタル レベルチェッカー」を使用し、電波の受信状態を確認するそうです。

その後、建物内にケーブルを引き込むあたりにあるボックス(マンションの場合はEPSやテレビ盤)で、内部に設置されているブースターのモニター出力端子に「地デジ対応モニター」を繋ぎ、映像を確認するそうです。


いやあ~、疑問が解決しました!

これなら入居者様の部屋にお邪魔しなくても、工事が完了するのですね。


知り合いの電気屋さん曰く、「本当は室内で確認するのがベストですが、それだといつまで待っても工事が始められません」だそうです。

ハイ、よく分かります。


また、屋内配線の劣化やテレビの接続端子の不良により、品質がばらつく事があるそうなので、今後のリフォーム時にはこの辺にも気を使う必要がありそうです。


でも工事日が決まって一安心です。

あとは当日の天候が雨でない事を祈るばかり。

GMアパートの屋根は傾斜があるので、雨の日は危険なため工事は出来ないそうです。

くれぐれも事故が起こらないよう、安全第一で作業を進めていただきたいですね。
2009-06-22(Mon)

念のため、地デジ工事の同意書を取る

地デジ対応UHFアンテナの取り付け、入居者様に工事の案内をしなければなりません。

こんにちは、マルミーです。
まずはポチっと⇒人気ブログランキングへ


GMアパートの地デジ対応策、既存アナログUHFアンテナを撤去して地デジ対応UHFアンテナと交換する方法を選択し、管理会社さん経由で業者さんに見積もりをお願いしました。

しかし、管理会社さんの中間マージンという厚い壁に阻まれ、結局は知り合いの電気屋さんに直接お願いすることにしました。

管理会社さ~ん、これからは今まで以上に見積金額をチェックしちゃいますよ~。



今回、知り合いの電気屋さんに依頼する主な工事作業は以下の3点です。

・既存アンテナ類の撤去、処分

・アンテナ、混合器取り付け工事

・方向、利得調整


さて、この作業の実施に伴い入居者様に確認しておかなければならないことがあります。

それは、アンテナ工事後はアナログUHF放送(ローカル放送、マルミーのエリアではテレビ埼玉)は視聴できなくなるということです。


管理会社のT中クンにお願いした重要な仕事は、このことを入居者様に確認してもらうことです。

入居者様への連絡をお願いしてから数日でB棟4世帯全てに電話での確認が取れ、知り合いの電気屋さんに発注をかけたかったのですが、ふと思い留まりました。



「書面で確認した方がいいんじゃないか?」って。



管理会社のT中クンは当然の如く日中電話をかけて確認をしましたが、昼間は不在の家族もいるわけで、電話で確認した方以外の家族の「誰か」が見ていないとは限りません。

入居者様の「誰か」にアナログUHF放送が視聴できなくなることで、ご迷惑をお掛けするわけにもいきませんので、少し工事の日程は遅れますが、ここはしっかり書面で確認を取ることにしました。

再度、管理会社のT中クンと連絡を取り合い、確認を取る書面(同意書)の内容をチェックして、B棟の4世帯の入居者様にポスティングしてもらいました。

今日現在、2世帯の入居者様から同意書が返送されてきており、残りの同意書が届き次第、知り合いの電気屋さんに発注をかける予定です。


地デジ対応UHFアンテナを追加できれば、こんな面倒なことはしなくてすんだのですがねえ~。

やっぱりCATVを導入するメリットって結構大きいのかなあ。

フレッツ光でも視聴できますしねえ。

ちょっと勉強してみよう!
2009-06-21(Sun)

地デジ対応アンテナの見積もり

地デジ対応UHFアンテナ取り付け工事の見積もりをお願いしました。

こんにちは、マルミーです。
まずはポチっと⇒人気ブログランキングへ

GMアパートの地デジ対応策、既存アナログUHFアンテナを撤去して地デジ対応UHFアンテナと交換する方法を選択し、管理会社さん経由で業者さんに見積もりをお願いしました。

数日後、管理会社さんから見積もりが来ましたが、価格は事前に調査しておいた平均的な値段よりも若干高めでした。



1回目見積もり価格
地デジ対応UHFアンテナ 42,000円(工事一式込み)
混合器 10,300円
合計 52,815円(税込み)



そこで管理会社さん経由で業者さんに価格交渉(値引き交渉)をお願いするのと同時に、知り合いの電気屋さんに同様の作業内容での見積りをお願いしました。

その結果、少しだけ値段を引いてくれました。



2回目見積もり価格
地デジ対応UHFアンテナ 42,000円(工事一式込み)
混合器 10,300円
小計 52,815円(税込み)
特別値引き 2,100円
合計 50,610円(税込み)


ちょっとだけ下がりましたネ。

「特別値引き」ってところが泣かせます。

うちの会社でもよく使う「貴社特別価格」みたいなもんでしょう。

それにしても2,100円の値引き幅がいかにも中途半端です。

匂いますね、中間マージンの匂いがプンプンします。

管理会社さん、儲けるなとは言いませんが、あまり乗せ過ぎるとアコギですよ。



その後、知り合いの電気屋さんからも見積もりが届きました。



知り合い見積もり価格
地デジ対応UHFアンテナ 32,500円(工事一式込み)
混合器 5,000円
合計 39,375円(税込み)

安いですね~、1万円以上の差があります。



さて、この価格をもとに再度管理会社さん経由で業者さんに打診してみました。

「商いルール」からマルミーはあまり好きではありませんが、管理会社さんの中間マージンの匂いがきつ過ぎたので今回は特別です。

普段だったら、こんなことしませんよ~。



3回目見積もり価格
地デジ対応UHFアンテナ 38,000円(工事一式込み)
混合器 6,400円
合計 46,620円(税込み)


かなりマージンを削ったようです。

それとも業者さんをいじめたのかな?

これでも7,000円以上の開きがあるため、今回は知り合いの電気屋さんに発注することにしました。



取り付けをお願いする地デジ対応UHFアンテナはサビに強い耐久型を選びました。

耐久型とはエレメントやビス類の材質にステンレスが使われており、サビ難くなっている製品です。(なぜか最近「サビ」という単語に過剰に反応するようになっています。だれのせい?)


今回の工事で依頼する主な作業項目は
・既存アンテナ類の撤去、処分
・アンテナ、混合器取り付け工事
・方向、利得調整
となっています。

後は入居者様への案内ですが、長くなるので続きます。
2009-06-19(Fri)

なぜ地デジ問題は大家を悩ませるのか

GMアパートの入居者様から「地デジが見たい」と歓迎しかねるリクエストを頂き、管理会社T中クンと一緒に対応に追われています。

こんにちは、マルミーです。
まずはポチっと⇒人気ブログランキングへ


入居者様からご要望を頂いて1ヶ月が経過していますが、地デジ問題は未だに解決していません。

詳しくはこちらをご参照ください。 →過去の記事



マルミーの対応能力では重要なことを見落としてしまいそうなので、最新情報を踏まえてここで改めて状況を整理してみます。(マルミーは、この分野に秀でているわけではないので、参考程度にお読みください)



地デジを見る条件は主に以下の3点です。(CATV等は除きます)

①地上デジタル放送を視聴するには地デジ対応のUHFアンテナが必要である。

②地デジ対応UHFアンテナが送信局の方角を正しく向いている。

③地デジチューナー、またはチューナー内蔵テレビが必要である。


以上、たいした条件ではありません。

屋根の上に地デジ対応UHFアンテナを正しい方角を向けて設置し、各部屋に線をつなげば大家の役目は終わりです。


GMアパートの屋根の上には従来のアナログ放送を受信するVHFアンテナと、アナログUHF放送(ローカル放送、マルミーのエリアではテレビ埼玉です)を受信するUHFアンテナが設置されています。

もっとも簡単な方法は、ここに地デジ対応UHFアンテナを追加して混合器(複数のアンテナで受信した異なる電波をミックスする機器です)を取り付けることです。

こうすることでアナログVHF、アナログUHF、地上デジタル放送が視聴可能となります。



GMアパートA棟の場合は地デジ対応UHFアンテナすら取り付けていませんが、地上デジタル放送が視聴出来ています。


なぜでしょう?


これはある特定の条件が重なった時に起こる現象です。

①既存のUHFアンテナが地デジ対応製品であった。

②アナログUHF(ローカル放送、テレビ埼玉です)の送信局と地デジ送信局が同じ方角であった。

この二つの条件が重なった時に視聴可能となるようです。


①は比較的多く、よほど古いアンテナでない限り受信可能のようです。

問題は②で、地域性と周りの環境に大きく左右されます。


GM物件のあるエリアではアナログUHF(ローカル放送)の送信局はさいたま市にあり、地デジ送信局は現在のところ東京タワーで若干方角に開きがありますが、A棟はちょこっと角度を調整しただけで視聴可能となりました。

しかし、すぐ隣のB棟では同じ方法では見ることができず、周りの環境にもかなり影響されるようですね。


では、解決策としてどんな方法が考えられるのでしょう。


A案-地デジ対応UHFアンテナを追加して混合器を取り付ける →×(NG)
→既存アンテナを支えているウマ(足)やワイヤーの強度が不足する可能性がある。
→既存アンテナの支柱の長さが短いので、アンテナ間で干渉する可能性がある。


B案-地デジ対応UHFアンテナを既存アンテナの隣に立てる →×(NG)
→屋根の面積が狭いので無理。


C案-既存アンテナを全て撤去し、アナログVHFアンテナ、アナログUHFアンテナ、地デジ対応UHFアンテナを新規(支柱1本、アンテナ3つのフルセット!)に設置する →○(当然です)
→高額です。


D案-既存アナログUHFアンテナを撤去して地デジUHFアンテナと交換し、地デジ送信局の方角に向ける→△(一部制限あり)
→地デジ放送が視聴可能です。
→アナログUHF(ローカル放送、テレビ埼玉です)が視聴できなくなります。


E案-CATV等、他の代替手段に移行する。
→知識不足で良く分からない。(ゴンさん、教えて~!)



GMアパートでは「D案」を採用する方向で管理会社のT中クンと共に走りまわっているわけです。


さて「D案」を採用するにあたり、条件が1つあります。

それは、アナログUHF(ローカル放送)が視聴できなくなることに対し、入居者様に同意していただけること、もしくはアナログUHF(ローカル放送)を誰も見ていないこと、これからも見る予定がない事です。


管理会社T中クンにはこの条件を確認するため入居者様への連絡と、業者さんへの見積もりをお願いしています。



地デジ関連の情報を調べるにはリンク先のページが結構参考になります。
社団法人デジタル放送推進協会 (略称:Dpa/ディーピーエー) ⇒ 地デジを見るには



これで家賃が上がるなら喜んで取り組むのですが、今の新築では標準装備なので無理ですネ。

ああ、また出費がかさむ…。(泣



具体的な金額が分かりましたら、またご報告します。
(ゴンさん、関東地方特定の情報ですみません。ご参考になればいいのですが…。)
ランキング
・もしお役に立ちましたら、  ポチっ とお願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他生活ブログ 不動産投資へ
マルミーからのメッセージ!
FC2カウンター
最近の記事+総記事数
全タイトルを表示
最新のコメントと記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
サーチボックス
お気に入り
名言集(個人的嗜好)
プロフィール
  • Author:マルミー
  • マルミーへのご連絡は
    gon_akeあっとまーくyahoo.co.jp
    まで。
つぶやき
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。